0138-85-8690

函館の車屋FACTのブログ

Q3 8U 2.0TQ エキゾースト警告灯点灯

2024/01/27165
Q3 8U 2.0TQ  エキゾースト警告灯点灯

警告灯が点灯したという事でご入庫です。

写真撮り忘れてしまいましたが、お車は、AUDI Q3 2.0TQで、エキゾースト警告灯 EPCランプが点灯し、エンジンがぶるぶるし力もないかったと来店しましたが、来店するまで数時間放置しかけなおしたら、症状が改善されたとの事でした。

点検したところ、NO-3シリンダーがミスファイアーの故障がECUに履歴が残っており、ミスファイアカウンターも少しずつ上昇しており部品の入れ替えを行い、イグニッションコイル、スパークプラグの不具合で確定(;´༎ຶД༎ຶ`)

こういった数回 数十回転に一回もしくは、特定の条件でのミスファイアの場合、ECUは故障として認識できない場合があり、診断機での数値の点検か、時間軸での点火波形での点検となります。

複数回立て続けに故障が入力しなければ、警告灯が点灯しませんので、今回の様に場合によっては、エンジンを停止し、再始動で警告灯が消灯します。

走行距離、年式を考慮し4気筒次々不具合になる可能性がありますので、イグニッションコイルとスパークプラグ全数の交換させていただきました。

イリジウムプラグは、摩耗の判断は、見た目ではわからないので、使用期間、走行距離での抵抗感となります。イグニッションコイルも定期交換と考えておいた方がよろしいかと思います(☆▽☆)

おおまかにですが、AUDI VW のエキゾースト警告灯は、排気ガスにまつわる不具合 EPC警告灯は、エンジン制御にまつわるセンサー 電気部品の故障の時に点灯する感じです╰(*°▽°*)╯

一昔前の車は、ありませんでしたが、最近の自動車は、エンジン系の警告灯が点灯すると、何かが故障しても他の機能で補える時、不具合が今以上に悪化しない等とECUが判断すると最低限走行できるようフェイルセーフモードに入り、他機能で不具合個所を補い本来の走行は出来ませんが、安全に走ることが可能で、今回の不具合ですと、警告灯が点灯し車両火災が起きないようNO-3シリンダーのガソリン供給及び点火を停止させ、力はないですが他3気筒での走行が可能となります^_^

何個か前のBMWのV型12気筒の場合、エンジンECUが1-6気筒 7-12気筒に個別についており、片方の列が調子悪いと作動を止め、もう半分での走行ができ、エンジンの排気量5000CCが不具合で半分の2500CC直列6気筒エンジンの性能になったとしても、普通に走行でき、不具合に気づかないお客様も実際おりました(/≧▽≦)/