0138-85-8690

函館の車屋FACTのブログ

BMW Z3 2.2i エンジン警告灯点灯

2022/08/02204
BMW Z3 2.2i エンジン警告灯点灯

エキゾースト警告灯点灯でご入庫でした。

珍しいハードトップつきです。

ちょうどOBDに移行時期に製造された車なので、OBDと旧型診断ソケット両方ついている仕様で、メインは旧型の方を使用してます^_^

症状を確認すると、時々エンジンが吹けなくなったりしました。

診断機により故障を確認すると、エアマスと補正をかけている故障が入力されており、点検した結果エアマス不良用交換、エア吸い漏れもない為、エアマスも関連していましたが故障内容と交換した形跡がない為、定期交換部品でもあるラムダセンサーキャタ前後計4個の交換作業となります。

まずエアマス交換

画像はありませんがこの蛇腹のホースの先、スロットルボディーが付く二股のホースがよく破れますが新しく大丈夫でしたので、エアマスのみの交換ですみました\^o^/

次はラムダセンサーの交換です。

キャタライザー前バンク1.2の交換です。

キャタライザー後の交換です。

ラムダセンサーは、空燃比、エンジンの燃焼状態のより補正をかけます。結構重要なセンサーで補正値の限界を超えると警告灯が点灯します。

メーカーにもよりますが、8万キロ.10万キロとか定期交換になっています。

最終チェックをし、作業完了\^o^/